18kasugano_top_baner_9408.jpg

briefing_model_banner.jpgbriefing_model_banner.jpg

18kasugano_photo_01.jpg18kasugano_photo_02.jpg18kasugano_photo_03.jpg18kasugano_photo_04.jpg
18kasugano_photo_05.jpg18kasugano_photo_06.jpg18kasugano_photo_07.jpg18kasugano_photo_08.jpg
18kasugano_photo_09.jpg18kasugano_photo_10.jpg18kasugano_photo_11.jpg18kasugano_photo_12.jpg
18kasugano_photo_13.jpg18kasugano_photo_14.jpg18kasugano_photo_15.jpg18kasugano_photo_16.jpg
18kasugano_photo_17.jpg18kasugano_photo_18.jpg18kasugano_photo_19.jpg18kasugano_photo_20.jpg
18kasugano_photo_21.jpg18kasugano_photo_22.jpg18kasugano_photo_23.jpg18kasugano_photo_24.jpg
18kasugano_photo_25.jpg18kasugano_photo_26.jpg18kasugano_photo_27.jpg18kasugano_photo_28.jpg
18kasugano_photo_29.jpg18kasugano_photo_30.jpg18kasugano_photo_31.jpg


18kasugano_title_baner_9408.jpg

ニュアンスカラーがおしゃれな印象のこのおうちのキーワードは、「時短と家事動線」。共働きの家族がスマートに暮らせる住まいの形を求めて、ドヒハウスの社員、スタッフ、施主の皆さんが企画段階から参加し一緒につくりあげました。
まずは視覚面から家事を考え、キッチンを1階全体が見渡せる位置にレイアウト。その横には、ガス鉄板を埋め込んだダイニングテーブルを並べて、テーブルクッキングを手軽に楽しめるようにしました。換気機能付きの照明まで揃えています。そして、洗濯物を洗って・干して・しまうまでがサッとはかどる時短アイデアは、ファミリークロークで実現。また、子ども部屋には、高さによる圧迫感や安全性を考えて、ロータイプロフトベッドをつくりました。もちろん、片付けの苦労を激減できるよう、収納スペースはたっぷりと確保。なかでも、2階の主寝室にあるウォークインクローゼットは、入口から直行できる動線がポイントです。
その他、デザインから塗料選びまで悩みに悩んだ造作や仕様などにも、たくさんのこだわりが。パーテーションやドアの色味は、これまでにない新鮮なものばかりで、企画会議のメンバー達が工場を訪ねて、じっくり調整を重ねました。1階の床にはカバザクラの無垢材を、造作にはオーク材を採用。壁は珪藻土の塗り壁を基本に、アクセントクロスを採用するなど、内装材もセンス良くまとめています。

17kasugano_under_baner_940_new.jpg

yazirusi_ue_01.pngyazirusi_ue_01.png