history_title_new.jpg

history_top_baner_1_940.jpg

history_nenpyo.jpg

ドヒハウスは明治38年の創業以来、設計から施工までの一貫した家造りを続けてきました。ドヒハウスの歴史は明治以降の日本の近代建築の歴史でもあります。
明治時代の家造りは現在のように分業化されておらず、大工さんと左官さんがほとんどの施工を行っていました。窓はアルミなどの金属ではなく木製でした。もちろんキッチンや作り付け家具もメーカーではなくオーダーで一品一品作られていました。
ドヒハウスも構造材の加工だけではなく、窓や建具キッチンや造作家具など永年自社の工場で製作してきました。これらの様々な経験がノウハウとなり現在の家造りにいかされています。
時代は変わりましたが、ドヒハウスでは環境性能、健康性能、癒やしや安らぎを与えるデザインなど、次世代になっても古さを感じさせない新しい価値観の住宅を提供し続けています。

history_midashi_01.jpg

ドヒハウスの110年間はトライ&エラーの連続です。
造った家を長期間メンテナンスさせていただく中で、「絶対にしなければならないこと」「絶対にしてはいけないこと」が蓄積されて我々のノウハウとなりました。「瑕疵担保保証期間の10年間」「住宅ローン期間の35年間」は、実際に家の劣化や不具合と真剣に向き合ってきた会社にしか解らないことばかりです。家はデザインや価格だけではありません。ドヒハウスでは建築後の定期的なインスペクション〈科学的検査〉とオリジナルの長期安心保証で長期間、安心して安全に暮らしていただける家族の時間を作り続けています。

history_photo_01.jpg

yazirusi_ue_01.pngyazirusi_ue_01.png