asaminami_T_top_baner_940.jpg

asaminami_T_2010_photo_01.jpgasaminami_T_2010_photo_02.jpgasaminami_T_2010_photo_03.jpgasaminami_T_2010_photo_04.jpg
asaminami_T_2010_photo_05.jpgasaminami_T_2010_photo_06.jpgasaminami_T_2010_photo_07.jpgasaminami_T_2010_photo_08.jpg
asaminami_T_2010_photo_09.jpgasaminami_T_2010_photo_10.jpgasaminami_T_2010_photo_11.jpgasaminami_T_2010_photo_12.jpg

asaminami_T_title_baner_940_new.jpg

新築時から5年。当初はマリンコーデのお住まいでしたが、いま暮らしたいと思うカフェ風の空間に一新されました。ポイントは大きく4つあります。
1.ウッドデッキをぐっと大きく〜
「庭が余っているのがもったいない」と横に広げ、さらに前面にも出して、全体を4×5mもの広々エリアに大改造。
2.納戸+パソコンスペースをリビングに〜
ドヒハウスのアイコン的なニッチのあるアール壁を取り払い、白いブリック壁と板張り天井が広がるゆとりのリビングスペースに。
3.カフェのようなダイニングキッチンに〜
グラスハンガーなど手作りの棚やレンジフードのデコレーションを加え、ダイニングテーブルも端材で自ら仕立てられました。
4.ひとつながりの子ども部屋を2室+収納に〜
市販品をベースにブリックタイルとコーキング材でセミオリジナルベッドを製作。カウンターも自作されました。
 このT邸、大がかりな直しにはプロの手を借りながらも、あくまでTさんが主体となってコツコツつくり込んでいかれた“セルフリノベーション”によるものというから驚きです。「家族でカフェに出かけたりしながら、イメージを膨らませていきました。特にDIYをした経験もありませんでしたが、玄関に置くウエルカムボードを最初につくったのがきっかけで、あれこれやりたくなって。大工だった義父の道具をもらったのも幸いしました」とTさん。ものづくりの楽しさに目覚め、アイデアはふたりで出し合うという仲良しご夫婦は、DIY好きのオーナー向けにドヒハウスの工場が開放されると聞いて、さらに目を輝かせます。「しばらくすると、また別な雰囲気に変えたくなると思うので、その時にはぜひ活用させてください!」とニッコリ。数年後には、新たな表情の住まいが見られるかもしれません。

houseplan_under_baner_940_new.jpg

敷地面積/176.44㎡ 建築面積/57.13㎡ 延べ床面積/97.43㎡ 構造/木造2階建て

yazirusi_ue_01.pngyazirusi_ue_01.png