2018_kmg_v1_01.png

春日野モデル2018は、ドヒハウスで家を建てた施主さんたちの
アイデアからつくられる“Another Dream House”です。
生活者ならではの目線や家づくりの経験から提案される
デザインや間取り、造作家具、家事動線などを基に、
これまでにない快適さやおしゃれ感を備えた家が創られていきます。

2018_kmg_v1_02.png


ドヒハウスのオーナーの皆さんは、自他ともに認める大の「家」好き。そのため、わが家を建てたあとも、おしゃれな空間演出を楽しんだり、心地よい暮らし方を考えたりする毎日を過ごしていらっしゃるご様子です。
そんなオーナーさんのことがある日、新しいモデルハウスの企画に悩むスタッフの頭に浮かびました。「オーナーさんたちなら、どんなことを考えるのかな?」——ふと沸いてきたその疑問から、オーナーさんたちを集めての企画会議が実現しました。
実際にドヒハウスでわが家を建てて暮らしている方々だからこそ、「ここをこんな風にして正解だった」という成功事例や、「もっとこうしておけばよかったわ」といった改善案をそれぞれにお持ちのはず。
オーナーズ企画会議では、そうした予想を上回るユニークな意見が次々と出てきました。さらに、「もう1棟建てるならこうしたい!」という新たなプランも飛び出して…。さてさて、「Another Dream House」はどんなカタチにまとまるのでしょうか。
ご期待ください。

2018_kmg_v1_03.png

2018_kmg_v1_04.png

2018_kmg_v2_02.png


2月初旬、建設地では工事の無事と施主ご家族の繁栄を祈願する「地鎮祭」が行われました。参加したのは、ドヒハウスの関係者やモデルハウス企画会議のメンバーたち。祭壇を前に神主さまによる祝詞があげられ、お祓いによって浄められた土地に鍬入れがされました。お祓いを受けた「鎮物(しずめもの)」は基礎工事の際に柱の下に埋め、お札は棟上げの際に屋根裏の柱につけることで、工事完了までの安全を見守ってくださるそうです。

2018_kmg_v2_06.png

2018_kmg_v2_03.png

2018_kmg_v2_04.png


続いて、2回目の企画会議が開かれました。内装を決めていこうというのが今回の課題。少なくとも床は決めたいということで、床材メーカーの方にもご参加いただきました。実はこの方もドヒハウスオーナーのおひとりで、長くドヒハウスの家の床材を納めてきた経験から、さまざまな情報やアドバイスが投げかけられました。床材選びとひと口に言っても、無垢材・フローリング・メラミン・クッションフロアなどの材質をはじめ、木目の雰囲気や色合い、貼り方、予算面など比較検討するポイントは実に多彩です。「1階と2階で色を変えてもいいかも」「洗面所には水が気にならないものを」「うちは□□に○○○○を使ってる」…それぞれのご自宅の例を交えながらの意見交換がひとしきり続いたのち、さて、どれにしようとなると、すんなり意見がまとまるあたりは、さすが感性の通じ合うオーナーさん同士です。オーナー会議はこのあとも日を変えて続き、壁や造作家具、建具などが次々に決まっていきました。次回はいよいよ着工へ。具体的な家づくりが始まります。

2018_kmg_v2_05.png

2018_kmg_v1_05.png

yazirusi_ue_01.pngyazirusi_ue_01.png